bertola-oloroso

オロロソ・ベルトラ(12年熟成)

このワインの起源は、1919年に設立された旧ベルトラに遡ります。
パロミノからつくられ、モストは17度までアルコール度数を上げ、アメリカンオークの樽(ボタ)にて12年以上、酸化熟成させます。
ワインの特徴は、琥珀色からマホガニー色で、フルボティ。オロロソらしいアロマで、味わいはドライ、アルコール度数は19度。
サービス温度は14度で、ジビエや赤身肉とよく合います。

  • ワインの分類: ビノ・ヘネロソ
  • タイプ: オロロソ
  • ぶどう品種: パロミノ
  • 土壌: アルバリサ、ヘレス・スペリオール
  • 熟成: 酸化熟成
  • 熟成期間: クリアデラとソレラのシステムで12年以上
  • 熟成樽: 500リットル入りのアメリカンオーク樽(ボタ)
  • アルコール度数: 19度
  • 色: 琥珀色からマホガニー色
  • 香り: 鋭い香り
  • 味わい: ドライで、胡桃を思わせる、ボディのしっかりとした味わい
  • 楽しみ方: サービス温度は14度。ジビエ、赤身肉、生ハム、熟成チームなどとご一緒に。