1876年に遡る、シェリーの歴史

LOGO-DIEZMERITO 
D.O.ヘレスのワイナリーは唯一無二。世界でも、クリアデラとソレラのシステムでつくられるワインはシェリーだけです。ボデガ・ディエス・メリトは、200年の歴史をもつ、私たちを魅了する、シェリーブランドです。

1876年、ディエス・デ・ムニョスとペレス・デ・ムニョス兄弟が、ヘレスでボデガを起こしました。その後、同じく兄弟のフランシスコが加わり、“ディエス・エルマーノス”が誕生、スペイン国王アルフォンソ12世より、“王室御用達”のお墨付きをいただき、インボイスやラベルなどに“王室の紋章”を使用しています。 

bodega-diezmerito

その後、創設メンバーの継承者らが、“マルケス・デル・メリト”を買収し、1979年に、“ディエス・エルマーノス”と合併し、“ディエス・メリト”となります。
1981年、グルーポ・ルマサの傘下に入り、ペマルティン、オタオラ(リキュール)、ベルトラなどのブランドが加わります。barrica-diezmerito
1985年に、マルコス・エギサバルが“ディエス・メリト”を買収し、リオハの“フェデリコ・パテルニナ”と合併し、“フェデリコ・パテルニナ”グループの傘下となりました。

2016年3月、ヘレス出身のエスピノサ家がボデガを買収し、ボデガス・イ・ヴィニェードス・ディエス・メリト社を設立、ぶどう畑や、最初のオーナーのひとり、マルケス・デ・ミサの名前の付いた、1790年に建てられた荘厳な佇まいのベルテマティ醸造所や、随所にヘレスの知恵が垣間見えるエル・クアドロ醸造所なども加え、ボデガ本来の姿を取り戻しました。ワインをテイスティングするサクリスティアやワインが静かに眠り、熟成を続けている、アーチや丸天井でできた醸造所内から、扉や窓を通して、100年以上続くクリアデラとソレラのシステムの換気をしているパティオ(中庭)に至るまで、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラの地で、世界でもっとも古いワインのひとつで、1876年から続くソレラでつくられる、高名なアモンティリャード フィノ・インペリアルの香り、力強さを感じてください。

ボデガ・ベルテマティ

他の追随を許さない、弊社の洗練されたシェリー&ブランデーが静かに熟成を続ける場所

伝統と献身

“ディエス・エルマーノス”は、他のヘレスのワイナリーと比ベると中規模程度のワイナリーでしたが、20世紀初頭には輸出量トップとなり、経済的にも余裕ができ、小規模ワイナリーやぶどう畑を買収するなどしました。
そして、1970年代終わりに、創始者メンバーの後継者らが“マルケス・デル・メリト”を購入し、“ディエス・エルマーノス”と合併、“ディエス・メリト”を設立しました。
ボデガ・ベルテマティは、ヘレスを最も象徴する建物のひとつで、1790年に建てられた荘厳なつくりで、その名は、最初のオーナーのひとり、ミサ侯爵に由来します。ヘレスの街の中心部という素晴らしい立地にあり、丸天井とその見事なアーチでできた建物は、洗練されたシェリー、そして、ブランデーが眠る、唯一無二の場所と言えるでしょう。